新会員所感

  • 2014.08.01 Friday
  • 07:30
新会員  中村 孝夫さんの所感です   2014 2 20

「自分を見直す機会を与えられて」
水彩人15回展で会員の推挙いただいた新入の中村です
私の水彩人とのかかわりは10年以上前、流山のアトリエで「第1回しるべ展」を
春日部の同好の氏に案内していただいた時からです。
小さな林の有る和風の清閑な画廊に同人の方10人位が大小2〜3点づつ
出品されていました。水彩連盟展に出品し始めていたので、同人の作品は
知っている程度の予備知識で作品を見せてもらいました。
どの作品も伸び伸びと自由にして、色彩は柔らかくて光が有り水彩のもつ
本来のまろやかさを求めている様で、私にはそれまでには分からなかった空気を
感じとり、以来この水彩人は他には無い良さがあると思い込み、機会あるごとに
銀座東和ギャラリー・一枚の繪・都美術館と見続け、時に話もうかがい今日に至っています。
まさかこれ程早く会員に加えてもらえるとは思わず、未だにこれからどう水彩人に
向き合ってゆくのか、何の確信も無く少々自信も失い気味です。
ただ自己流に、誰にも教えてもらう事も無く、これ迄「描き過ぎ」と多くの
方に指摘されつつも、出来るだけ細密に、情景を写し取りながら、その絵を
見続けていると、昔見た光景や通り過ぎた過去の美しい一瞬をふと
思い起こしてしまう事が出来れば良い・・・・・そんな想いを込めて描く様
心掛けています。ただし技法・表現力・知識と劣るものばかりです。
会員に加えられた今日を、もう一度自分を見直す最良の機会ととらえ
そして鍛え直す最後のチャンスと考え水彩人の皆様と活動を通じて
大いに学び、その意を吸収出来る様考えています。宜しくお願いします。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM